コラム

[2020-03-31] サイディング外壁の注意点 |23区のお部屋探しはネハヤス不動産!!

 

サイディング材の種類

・窯業(ようぎょう)系サイディング
・金属系サイディング
・木質系サイディング
・樹脂系サイディング

サイディング材の経年劣化する場所

サイディング材は表面には耐候性の強い表面塗装、接続部には防水シーリングが打たれていますが、その塗装やシーリングは永久的な物ではありません。
適切に定期的な点検をして、早めのメンテナンスを行うことでサイディング外壁材が長持ちし、建物自体の寿命を延ばすことができます。

 

サイディング外壁のチェックポイント

経年による劣化によって、そり・うねり・ひび割れ(ヘアークラック)などが発生する事があります。
この程度であれば基材そのものの性能には影響はありませんが、建物の構造が原因で発生している場合には、
その原因を調べて根本から直す必要があります。
例えば耐震に問題があってクラックが発生している場合や、 下地の間柱との釘打ち箇所が適正でなかったりする場合は、

塗替え前にしっかりと直したいところです。

サイディング材の塗替え

今あるサイディングが通気工法か、直張り工法という点です。

直張り工法の場合は、塗替えでなく張替えが推奨されています。

長年の自然環境の雨や紫外線の影響により表面塗膜は劣化が進みます。
表面のツヤが無くなったり、チョーキング現象(白い粉が付く)が現れるとサイディング基材の防水性能が低下します。
これは自分でもできますので、1年に一度程度、お庭に出た際などに目視での点検を勧めします。
塗膜面の点検は表面が白化(白く曇る)、変色、剥離などがないか、コケや藻の汚れが発生していないかなど目視で確認できます。
洗浄が甘くコケなどが残っていると、数年後の剥離の原因となります。



【セルフィン】

■不動産の資産価値を即座に判断できる便利なアプリ
「SelFin」セルフインスペクションアプリ

https://self-in.net/slp/index.php?id=toshima01

利用料はもちろんかかりません!!
是非ご活用下さい。
ネハヤス信頼の「根」をどこまでも株式会社 ネハヤス不動産 〒171-0022 東京都豊島区南池袋 2 丁目 32-12
タクト 4 ビル 2 階